再生可能エネルギー関連 ソリューション


再生可能エネルギーは、石炭や石油などの化石燃料のような限りあるエネルギー源ではなく、自然の中で再生し再利用できるエネルギー源です。
今日本では、その再生可能エネルギーである「風力」「地熱」「太陽光」などを利用した電源開発の導入と普及を推進しています。

私達 風景デザイン研究所は、その再生可能エネルギー開発に不可欠な各項目である「環境の保全」「風致景観への配慮」「関係者・住民との合意形成」などをキーワードに「視覚化ツールを駆使し開発を円滑に進める」事を事業の軸とし、視覚化のプロとして各種ソリューションを開発事業者や関係企業、関係官庁・地域行政などに広く提供しています。

地熱発電

地下深くに眠る莫大な地熱エネルギーを有効活用・・・
世界第3位の地熱資源量を持つ日本。
日本の地熱開発事業は、その資源の不遜地のほとんとが国立・国定公園内に存在する場合が多く環境保全や景観配慮が必要です。
私たちSLDI のソリョーションは、3DVR・3DCG・マッチムーブ・フォトモンタージュなどの視覚化ツールを駆使し、事業の進行に合わせて幅広く活用していく事が可能です。

地熱発電所の配置検討

地熱発電所の配置検討

眺望点からの景観(遠景)

眺望点からの景観(遠景)

地熱開発エリア内の林内景観

地熱開発エリア内の林内景観


地熱開発支援アプリケーション「G」のプロモーション映像



風力発電

風の力を電気に・・・
再生可能エネルギーの一つである風力発電。国土が狭く台風や豪雪地帯もある厳しい条件での日本の風力発電事業は、住民との居住エリアにも近くなり景観配慮が必要です。
私たちSLDI のソリョーションは、3DVR・3DCG・マッチムーブ・フォトモンタージュなどの視覚化ツールを駆使し、事業の進行に合わせて幅広く活用していく事が可能です。

 鳥瞰1

鳥瞰1

 鳥瞰2

鳥瞰2

 住宅地域からの景観

住宅地域からの景観


風力発電3DVR動画

太陽光発電

無限の恵み太陽光発電・・・
日本はドイツと共に世界的にもトップクラスの太陽光発電の先進国です。
再生エネルギーで最も国内の事業数が多い太陽光発電は、自然の中にパネル設置をする場合多くの敷地面積が必要となり、地域の風致景観や環境に配慮する必要があります。      
私たちSLDI のソリョーションは、3DVR・3DCG・マッチムーブ・フォトモンタージュなどの視覚化ツールを駆使し、事業の進行に合わせて幅広く活用していく事が可能です。

鳥瞰

鳥瞰

近景

近景

ドライバー視点

ドライバー視点


風力発電3DVR動画

当ソリューションを支える弊社の技術

  • BIM・CIM(Constraction Information Modeling/Managment)

    上記のように、構想段階・上位計画から各工程に合わせ て、プロジェクト全関係者のコミュニケーションおよびプロジェクトの理解を、強力にバックアップするツールです。国土交通省もCIMの活用を強く提唱しています。
    業務内容「BIM・CIM」の詳細を見る。

  • 地熱開発支援アプリ「G」

    環境省の現存植生図に合わせて群落生成が可能な「地熱開発支援アプリ「G」を用いれば、群落を再現したまま各視点場や眺望点から景観シミュレーションを行えます。
    「地熱開発支援アプリ「G」の詳細を見る。

  • ドローン

    建設物が大きくなればなるほど、空撮による地表調査や景観検討・シミュレーションが必須となってきます。橋梁もその類です。ドローンを用いることで、コストと時間を大幅に短縮することが可能です。
    業務内容「ドローン」の詳細を見る。

  • 3DVRCGデータ

    3次元データは、CIMデータの中核です。VR空間内をリアルタイム操作で自由に移動して、お好きな場所から橋梁や建物、構造物を見ることが出来る技術です。
    ビジュアル資料集「3DVRCGデータ」の詳細を見る。

  • 3D視覚化データ

    図面を重ねあわせてゆきながら施工の各段階を確認するなど、2次元(=平面)を3次元(=立体)で表現する技術です。2次元から3次元化することで、視覚化が格段とアップいたします。
    ビジュアル資料集「3D視覚化データ」の詳細を見る。

  • マッチムーブ

    撮影した実写動画をベースとして部分的に3DCGを合成することで、臨場感に富んだCGムービーが作成可能で、デザイン検討、事業PR、イメージアップ映像などにお使いいただけます。
    ビジュアル資料集「マッチムーブ」の詳細を見る。

  • フォトモンタージュ

    写真やCG画像などを部分的要素として合成した絵や写真で、建設業界では一般的に、現況写真に建設物を合成したイメージ画を指すことが多いです。「橋梁が完成すると景観はどう変わるのか?」など建設前後の様子を比較する場合には圧倒的な説得力を発揮しますので、住民説明に効果的です。
    ビジュアル資料集「フォトモンタージュ」の詳細を見る。