CGパース


専門家などごく限られた人たちを除いては、ほとんどの人が図面だけでは完成予想図をイメージできないのが現実です。コンピュータで遠近法及び透視画法を用いて描いたイメージ画(CG=コンピューターグラフィック)を図面に加え、誰もが一目見ただけで理解できる絵にしたものがCGパースです。プレゼン資料や住民説明会などに、建物や道路などの完成予想図・部屋のインテリアや家屋の外観のシミュレーション・公園改修の前後の様子など効果的なCGパースを加えることで説得力は飛躍的にアップします。

夜の湾岸道

ドライバー目線での道路の様子です。

会社受付内装

CGパースはこのような内装色の検討には最適のビジュアル資料です。

一般家屋内装

陽がどのように差し込んでくるかなども具体的にイメージできます。

店舗内装

同じ店内を複数アングルから捉えたイメージ画です。

一般家屋外装

広告などでよく目にする活用法です。

公園改修

公園でくつろぐ人物なども加え、改修後の様子をイメージしやすくします。