3DVRCGデータ


VR空間内をリアルタイム操作で自由に移動して、お好きな場所から橋梁や建物、構造物を見ることが出来る技術です。

東京港VR

東京港周辺をVRデータとして作成しています。
VR空間内をリアルタイム操作で自由に移動して、お好きな場所から橋梁や建物、構造物を見ることが出来るのが特徴です。
橋梁の内部景観や外部景観の検討、建築物のデザイン検討、住民説明会でのプレゼンテーションなど、業務に応じた活用方法をご提案いたします。
レインボーブリッジを中心とした東京港周辺6km四方をVRで再現。
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の数値地図2500(空間データ基礎)、数値地図50mメッシュ(標高)及び同院撮影の空中写真を使用。(承認番号 平16総使、第198号)

このデータの 参考製作費:500万円 工期:約3ヶ月

 

団地の植栽計画VR

築40年になる団地において、繁茂した植栽によって生じた「安全面における死角」や「章句際の日陰による暗さ」などを改善する為に「植栽を適度に間引く」為の植栽計画にVRを利用しています。
剪定前と剪定後の比較検討を行うことで、団地の緑化景観をくずさないような植栽計画を視覚的に検討することが出来ます。
住民説明会において住民一人一人の要望に合わせて各住戸からの景観をリアルタイムで見せることが可能です。
また、木一本一本をその場で移動・削除が可能であり、住民と一緒に植栽計画を考えることが出来ます。

このデータの 参考製作費:50万円 工期:約2週間

 

シンボリック歩道橋VR

デザイン性のある歩道橋は、その構造的な美しさや奇抜な形状によりその地域のランドマークともなりますが、周囲の景観に与える影響もその分大きいものとなります。
また、複雑な形状の構造物は、図面のみでの形状の見え方の把握が困難です。
VR空間に複雑な形状をした歩道橋を配置することで、歩道橋と周辺地域の景観との調和が図れているかどうか、ドライバーの視点から見た安全性が確保できているかなどを視覚的に検討することが可能です。

このデータの 参考製作費:70万円 工期:約2週間