3D視覚化データ


3D、つまり3次元(=立体)で表現すると、2次元(=平面)よりはるかに分かりやすくデータを理解することができます。建設予定の高速道路の図面データも、景色や道路や車を重ね合わせることで、どなたでにでも分かっていただけるデータへと進歩します。

3D高架橋