合意形成関連 ソリューション


公共事業や地域開発などを円滑に進める上で重要視される事の一つに「全ての関係者との合意形成」があります。
例えば「新しい工法」や「工事の施工ステップ」などは工事関係者や地域行政との検討や確認、合意が必要です。
また該当する地域内の住民や利害がある地元の様々な事業者にも、相手が理解できる方法や言葉で説明し合意してもらう必要があります。
これら全ての関係者の合意を得る事は、公共事業や地域開発の進捗やコストなどに大きな影響を与えます。
私達 風景デザイン研究所は、「全ての関係者との合意形成」をキーワードに「視覚化ツールを駆使し開発を円滑に進める」事を事業の軸とし、視覚化のプロとして各種ソリューションを関係企業、関係官庁・地域行政などに広く提供しています。

当ソリューションを支える弊社の技術

  • 3DVRCGデータ

    3次元データは、CIMデータの中核です。VR空間内をリアルタイム操作で自由に移動して、お好きな場所から橋梁や建物、構造物を見ることが出来る技術です。
    ビジュアル資料集「3DVRCGデータ」の詳細を見る。

  • マッチムーブ

    撮影した実写動画をベースとして部分的に3DCGを合成することで、臨場感に富んだCGムービーが作成可能で、デザイン検討、事業PR、イメージアップ映像などにお使いいただけます。
    ビジュアル資料集「マッチムーブ」の詳細を見る。

  • フォトモンタージュ

    写真やCG画像などを部分的要素として合成した絵や写真で、建設業界では一般的に、現況写真に建設物を合成したイメージ画を指すことが多いです。「橋梁が完成すると景観はどう変わるのか?」など建設前後の様子を比較する場合には圧倒的な説得力を発揮しますので、住民説明に効果的です。
    ビジュアル資料集「フォトモンタージュ」の詳細を見る。